不妊治療薬の副作用

排卵誘発剤といわれる治療薬が不妊症の治療の際に投与されることがあります。体外受精による妊娠の確率を向上させたり、排卵が正常に行われていないときに使用されるのですが、これまでに排卵誘発剤を使用したことで妊娠をした人は少なくありません。

 

しかし、不妊治療薬の効果は確かに期待できるのですが、副作用が出てしまう危険性も高いといわれています。また、副作用の症状も強い場合もあります。ですので、不妊治療をする際に、排卵誘発剤を使用していくのであれば、ちゃんと副作用についても知っておかなくてはなりません。

 

そして、もしも副作用が出てしまったときには、どのように対処をすればいいのかも知っておくべきでしょう。排卵誘発剤の使い方で効果が現れやすい反面、副作用も出やすくなってしまうのは注射による投与です。

 

特にゴナドトロピン療法などで排卵誘発剤を使用していく場合、卵巣が晴れてしまう症状が出るOHSSが副作用として出てしまうこともあるのです。OHSSを誘発してしまった場合、副作用として命を落としてしまう危険性もありますから、十分に注意を払わなくてはなりません。

 

また、不妊治療で排卵誘発剤を使用した場合、三つ子などを妊娠するということも多くなります。ホルモンを投与して、排卵を促した場合、多くの卵胞が作られて、卵子も多くなります。これによって、妊娠しやすくすることが出来るのですが、人間というのは多くの卵胞を一度に造ることが出来るような体ではありません。ですので、体に負担をかけてしまって、卵巣がはれてしまったり、おなかに水がたまってしまう症状が出てしまうこともあるのです。

 

この症状のことをOHSSというのですが、症状が重い場合、入院をして専門的な治療をしていかなくてはなりません。放置してしまった場合、血栓症や腎不全などを発症してしまって、死んでしまうケースもあるのです。

 

尿の量が少なくなってしまったり、短期間で体重が増える、吐き気を催す、おなかが張ってしまうといった症状があるのであれば、すぐに医師に見てもらうようにしてください。

 

また、三つ子や双子を妊娠した場合、それだけ母体に対しても負担がかかってしまいますし、赤ちゃんが十分に成長しなかったり、障害が出てしまうということもあります。

 
 

メニュー

最新記事