不妊治療薬の副作用

排卵誘発剤といわれる治療薬が不妊症の治療の際に投与されることがあります。体外受精による妊娠の確率を向上させたり、排卵が正常に行われていないときに使用されるのですが、これまでに排卵誘発剤を使用したことで妊娠をした人は少なくありません。

 

しかし、不妊治療薬の効果は確かに期待できるのですが、副作用が出てしまう危険性も高いといわれています。また、副作用の症状も強い場合もあります。ですので、不妊治療をする際に、排卵誘発剤を使用していくのであれば、ちゃんと副作用についても知っておかなくてはなりません。

 

そして、もしも副作用が出てしまったときには、どのように対処をすればいいのかも知っておくべきでしょう。排卵誘発剤の使い方で効果が現れやすい反面、副作用も出やすくなってしまうのは注射による投与です。

 

特にゴナドトロピン療法などで排卵誘発剤を使用していく場合、卵巣が晴れてしまう症状が出るOHSSが副作用として出てしまうこともあるのです。OHSSを誘発してしまった場合、副作用として命を落としてしまう危険性もありますから、十分に注意を払わなくてはなりません。

 

また、不妊治療で排卵誘発剤を使用した場合、三つ子などを妊娠するということも多くなります。ホルモンを投与して、排卵を促した場合、多くの卵胞が作られて、卵子も多くなります。これによって、妊娠しやすくすることが出来るのですが、人間というのは多くの卵胞を一度に造ることが出来るような体ではありません。ですので、体に負担をかけてしまって、卵巣がはれてしまったり、おなかに水がたまってしまう症状が出てしまうこともあるのです。

 

この症状のことをOHSSというのですが、症状が重い場合、入院をして専門的な治療をしていかなくてはなりません。放置してしまった場合、血栓症や腎不全などを発症してしまって、死んでしまうケースもあるのです。

 

尿の量が少なくなってしまったり、短期間で体重が増える、吐き気を催す、おなかが張ってしまうといった症状があるのであれば、すぐに医師に見てもらうようにしてください。

 

また、三つ子や双子を妊娠した場合、それだけ母体に対しても負担がかかってしまいますし、赤ちゃんが十分に成長しなかったり、障害が出てしまうということもあります。

貧血と診断されたらどんな薬が出る?サプリはどうなの?

 

貧血と診断されたとしても、軽度の貧血なのであれば、食事の改善で鉄分を積極的に摂取すれば症状を和らげることも可能です。ですが、症状が重い場合、貧血の治療薬を使って治療されることもあります。

 

貧血の治療薬として処方されることが多いのは、ビタミンB6などが含まれているピドキサール、葉酸が含まれているフォリミアミン、ビタミンB12が含まれているメチコバールなどがあります。

 

この他にも、骨髄に作用をもたらして赤血球を活発に作り出すエリスロポエチンやステロイド系の治療薬であるプレドニゾロンやメドロール、プレドニンもあります。ステロイド系や骨髄に作用をする治療薬は溶血栄貧血や再生不良性貧血に対して作用しやすいといわれています。

 

そして、鉄欠乏性貧血なのであれば、還元鉄やコハク酸第一鉄、グルコン酸第一鉄などが処方されることもあります。このように、貧血の治療薬でも、症状に合わせて服用する薬は違っています。ただ、薬ですので、服用することによって副作用が出てしまう場合もあります。副作用が心配な方は鉄分サプリがおすすめです。

 

例えば、エリスロポエチンは、骨髄に作用をもたらして、貧血の症状を改善させる薬になっていますが、服用し続けると血圧が上昇してしまうケースがあります。ですから、血圧が高い人は服用する時には注意をしなくてはならないでしょう。

 

この他にも、たんぱく同化ホルモンやステロイド系治療薬、免疫抑制薬などがありますが、これらの治療薬は副作用が現れる可能性が高いとされています。ですから、専門医にちゃんと診てもらわなくてはなりません。

 

貧血の場合、鉄剤が処方されることが多いのですが、鉄剤を服用している人の1割ほどの人が胃腸の調子が悪くなってしまう副作用が現れるといわれています。

 

しかし、現在は鉄剤もコーティングをしていることがほとんどですから、以前と比べると胃腸の調子が悪くなってしまいにくくなっています。ただ、それでも負担が全くないというわけではないですから、少しでも胃腸に負担をかけないようにするためにも、食後に鉄剤の服用をしてください。

 

食後であれば、胃に食べ物が入っている状態になっていますから、鉄剤による負担を軽減させることができるようになります。食後でも胃腸が悪くなってしまうのであれば、注射によって投与されるケースもあります。

ホルモンバランスは食事により整えられるのか

ホルモンバランスの改善のために、食生活の改善はぜひとも押させておきたい大切なポイントです。とはいえ、何を食べたらいいのか、どういう栄養を主に取ったらいいかということがわかりにくいのですが、ホルモンバランスを調整してくれる栄養成分は、たんぱく質、イソフラボン、亜鉛、ビタミンE、マグネシウム、カルシウム、パントテン酸などが挙げられます。これらを多く含む食品を意識的に取り入れることが重要です。

 

今女性ホルモンを助ける働きとして注目されるのが大豆イソフラボンで、その名の通り大豆製品に多く含まれています。日本では昔から大豆は多くの食品に利用されていて、たとえば納豆、豆乳、豆腐、みそ、しょうゆなどがありますが、これらの摂取量が相対的に減ってきていることや女性のストレスが増えていることがホルモンバランスの乱れに繋がっているという見方もあります。

 

大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをもっており、不足した女性ホルモンを補ってくれる働きが期待されているのです。イソフラボンを含む商品はサプリメントなどでも多く出ていますが、過剰摂取は何だとしてもかえって体に悪いので注意しましょう。

 

また、亜鉛はホルモンの生成を促す役割があるので、積極的に摂取したい成分です。そのためにはレバーやかきなどを食べることが大切ですが、あまり食べる機会の多い食品ではないので、サプリメントなどで適宜補給しましょう。ホルモンバランスにおすすめのサプリメントはこちら⇒http://xn--vckh2e4aq6byclc5fc.jp/

 

そしてビタミンEはビタミンの中でも特に抗酸化作用が期待されるもので、ホルモンを分泌する器官の細胞膜の酸化を防ぎ、ホルモンが適量に分泌できる状態を保ってくれます。このビタミンEが不足すると、生理機能にも影響が出ることがありますので、意識的に摂取して体の酸化を防ぎましょう。ビタミンEが多く含まれている食品としては、アーモンドなどのナッツ類、うなぎ、大豆などが代表的です。

 

それから、カルシウムやマグネシウムはホルモンの分泌を助けてくれますので、貝類や海藻類をしっかりとって摂取しましょう。パントテン酸はそれほど耳にする機会は多くないと思うのですが、ホルモンの分泌を助けお肌に直接関係がある成分です。納豆や落花生、レバーなどに多いので、これらを食生活の中に取り入れるように工夫してみましょう。

 

こうした食材をうまく取り入れるのは簡単ではありませんが、こうした食生活を支えるためのレシピ本もたくさん出ていますので、うまく使って食生活を改善しましょう。

 

タウリンの高血圧への効果

 

タウリンという言葉を聞いて、真っ先に思い浮かべるのは栄養ドリンクではないでしょうか。テレビコマーシャルなどでも何度も聞かされていますよね。そんなイメージから、タウリンは栄養ドリンクに必ずといっていいほど含まれていて、摂取すると元気が出る成分、そんな風に思う方も多いだろうと思います。

 

でも、それだけではないのです。タウリンにはその他にも優れている効果が3つほどあるのです。

 

1つめは、血圧を下げてくれるという効果です。こつらについてはきちんとした研究がなされています。タウリンを摂取したマウスは、摂取しなかったマウスよりも、血圧が下がったという事が分かっているのです。

 

2つめは、血中コレステロールを下げてくれるという効果です。コレステロールが必ずしも悪いとはいいませんが、やはりその数値については低いにこしたことはありません。昨今、日本人の食生活は欧米化してしまっていて、どうしてもコレステロール値が高くなりがちです。タウリンには、血中コレステロールを下げてくれる作用があるのです。

 

3つめは、交感神経の興奮を沈める作用です。興奮してしまった状態を和らげてくれるのです。交感神経が興奮してくると、アドレナリンがどんどん出てきて、ストレスがかかってしまいます。そうすると、コレステロールも溜まりやすくなっていくようです。ストレスが溜まってしまうと、動脈硬化になってしまう可能性が高まります。タウリンを十分に補っていれば、交感神経を沈めやすくなるでしょう。

 

こちらのサイトも参考に>>>血圧を下げるサプリメント